いつでも、元気な漁師です。



<横浜・弁護士殺害>いきなり胸さす? 腕に争った傷なく(毎日新聞)

 横浜市中区太田町1の「横浜みらい法律事務所」で弁護士の前野義広さん(42)が殺害された事件で、前野さんの死因は右側の胸から脇にかけて通る動脈と右肺を刺されたことによる失血死だったことが県警への取材で分かった。通常争った際にできる両手両腕の傷がないことから、県警は逃げた男がいきなり前野さんを襲ったとみて調べる。県警は3日、殺人事件として加賀町署に捜査本部を設置し、男の行方を追っている。

 捜査本部によると、前野さんの傷は2カ所の致命傷のほかにも胸や腹に数カ所あった。また、横浜弁護士会などによると、前野さんが所属していた事務所は離婚調停など民事を中心に扱っていた。

 女性事務員が午後2時過ぎにいったん事務所を出てから戻ってきた際、仕切りで区切られた来客スペースに前野さんと男がいた。2人は数分間話をしたが、物音がして、女性事務員が来客スペースをのぞいたところ、2人がもみ合いになりそうな状況で、前野さんから「警察に連絡して」と頼まれ、隣のビジネスホテルに駆け込み、110番したという。【吉住遊、中島和哉、高橋直純】

【関連ニュース】
横浜・弁護士殺害:凶器、刃渡り20センチ超 強い殺意?
岡本倶楽部事件:弁護士会が電話相談と被害者説明会開催へ
殺人:弁護士が男に胸など刺され死亡 横浜の事務所で
高額請求:弁護士を懲戒 横浜・タイヤ脱落訴訟
日弁連:「公害訴訟事例集」作成 日中で今夏同時出版へ

<諫早干拓>農水幹部を長崎に派遣(毎日新聞)
首相「防疫体制などに全力」 農家の視察見送る(産経新聞)
女性検察官、公判に遅刻=4月にも口頭注意―奈良(時事通信)
<無理心中>母親が飛び降り死亡 長男も 京都市伏見区で(毎日新聞)
社会保障維持は困難でも費用負担増は嫌―少子化で社会人意識調査(医療介護CBニュース)
[PR]
by eyxr70by85 | 2010-06-07 22:05
<< 参院選 勝敗ライン「現有議席5... <子宮頸がん>住民検診、効率的... >>


漁師ですこんにちわ!是非見てってください。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧